草笛コラム 9
2011.6.30



みなさんこんにちは!毎度おなじみ、草笛コラム更新の時期がやってきました!

ひそかに人気となっているこのコーナー、今回は草笛館での活動の一つ、「ふくろう会」についてのお話をさせていただきます。

「ふくろう会」とはどんなことをしているのか?ふくろう会を代表して、末澤正信さんにご紹介頂きたいと思います!、


草笛館 ふくろう会(高齢者の集い)のメンバーみんなで花の種を植えました。

みんなの健康を願って植えました。花の種の芽が早く出てきて、いつまでも長生きして欲しいです。

自分は看板を作りました。看板にふくろう会と書きました。

職員に字がうまいと褒められて、調子に乗って末澤会も書いてしまいました。

草笛館の職員の皆さん喜んでくれました。自分はうれしくて涙が出てしまいました。

ふくろう会、ついでに末澤会をよろしくお願いします。いつまでもこの会を続けていきたいです。

玄関前にプランターに植えた花の種がありますので、皆さん帰省や来館の際には是非プランターの中をのぞいて見て下さいね。

芽が出ているかもしれませんよ。
 

末澤 正信




末澤さん、ありがとうございました!
ふくろう会をとても楽しみにしているのが文章から伝わってきますね!
他にもみんなで座談会をしたり、外出に出かけたりと、色々な活動を行なっているそうです。その話はまた、次の機会にでもお話して頂きましょう。

次回のコラムは来年9月末頃更新予定です!
さてさて、次回はどなたがコラムに登場するのでしょうか?乞うご期待です!



草笛館職員 谷口 貴博